記事内にプロモーションを含む場合があります。

当サイトの記事内には「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。2023年10月1にから始まる「ステマ規制」に合わせ読者の誤認にならないようにコンテンツ作成を心がけていますのでご安心ください。

また、問題のある表現がありましたら、お問い合わせより該当の箇所と併せてご一報頂けますと幸いです。

犬猫のペット酸素室のデメリットメリット│注意点と効果を徹底解説

犬 酸素室 デメリット

「愛犬の健康を守りたいけど、酸素室って本当にいいの?何かデメリットはないの?」

そんな不安はありませんか?この記事では「犬猫の酸素室のデメリット、そしてメリット」について、分かりやすく解説しています。

この記事で分かること
  • ペット酸素室のリスク・デメリット
  • ペット酸素室の効果・メリット
  • 酸素室レンタルに関する基礎知識

愛犬の健康は、私たち飼い主にとって何よりも大切なことですよね。でも、正しい知識がなければ、良かれと思ってしたことが、実は愛犬にとって良くない場合もあります。

愛犬のために最適なケアを選ぶためにも、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

サイト管理人

犬猫がペット酸素室を使うデメリット・注意点

犬や猫にペット酸素室を使用するデメリットとそれらに対する対策について詳しく見ていきましょう。

  • コストとメンテナンスの負担
  • 安全対策が必要
  • 酸素室を嫌がる可能性もある

①コストとメンテナンスの負担

ペット酸素室の導入には、初期費用と維持費がかかります。購入する場合、高額な購入費用がかかります。さらに酸素ボンベなどを使用する機械であれば定期的なメンテナンスが必要です。

一日中酸素濃縮器を稼働させておけば、電気代もそれなりにかかってきます。

酸素濃縮器とは、酸素濃縮器は空気の成分の約80%を占める窒素を吸着し、酸素濃度90%以上の空気をつくり出す装置です。

引用元:環境再生保存機構

これらのコストは長期的に見ると大きな負担となります。コストや手間が気になるなら、メンテナンスの手間がかからないもの、電気代を押さえられるものを選ぶのが良いでしょう。

代表的なペット酸素室メーカーのコストと電気代をまとめました。

サービス名一日の電気代※初期費用レンタル月額料金
O2チャージ43.4円0円13,200円
テルコム32円33,250円~18150円
ユニコム40円31,200円~10,000円
ピコの手40円37,500円~19,150円
日本医療22円27,500円34,100円
引用元:各社公式サイト
※1日5時間の使用を想定して電気代を計算

もっと詳しい比較記事を見るならコチラの記事がおすすめ

ペット酸素室5社のコストを徹底比較した記事を読む

②酸素室の置き場所に困る

ペット酸素室と酸素濃縮器はサイズが大きめのものが多いです。

そのため、自宅に酸素室を設置するスペースがあるのかをしっかり確認する必要があります。

一般的な酸素室のサイズは、高さ55cm × 幅75cm × 奥行55cm程度

酸素濃縮器のサイズは、高さ60㎝×幅37㎝×奥行30㎝程度

酸素濃縮器の周囲での火気の使用は厳禁です。

ペットが酸素室内は温度が上がりやすく乾燥もしがちです。安全を確保でき、適切な温度や湿度の管理のできる場所が理想です。

③酸素室を嫌がる可能性もある

すべてのペットが酸素室にすぐに慣れるわけではありません。怖がりなタイプの子は酸素室への適応には時間がかかることもあります。

最初から無理に長時間酸素室に入れておくことは、ペットにとって強いストレスがかかります。まずは短時間から始め、徐々に慣れさせていくことが大切です。また、ペットのストレスを軽減するために、酸素室内にお気に入りのベッドや毛布を置くなど、快適な環境作りを心がけましょう。

④逆効果になる可能性

ペット酸素室の使用は、適切に行われない場合、逆効果になる可能性があります。これは、酸素室がペットの健康状態やニーズに合わない場合に起こりえます。

例えば、酸素濃度が合っていない場合や、酸素室がペットのストレスになっている場合が考えられます。

  • 酸素濃度が適切でない場合
  • 酸素室がペットのストレスになっている場合
  • 酸素室の使用がペットの特定の健康状態に適していない場合

酸素濃度が適切でない場合、ペットの健康に悪影響を及ぼす可能性があります。酸素濃度が高すぎると、ペットが酸素中毒を起こすリスクが上がり、酸素濃度が低すぎると、呼吸器系の症状が改善されない可能性があります。

酸素室がペットのストレスになっている場合、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。慣れていない空間に長時間入ることによるストレスや、酸素室の音による不安感などが考えられます

トリマーつきこ
トリマーつきこ

心臓疾患を持つペットには慎重な酸素管理が必要です!

使用前に必ず獣医師に相談しましょう。

犬猫がペット酸素室を使うメリット・効果

IMG 8025

ペット酸素室が持つ多くのメリットに焦点を当ててみましょう。

  • 健康を促進
  • 入院よりもストレスを軽減できる
  • 緊急時の安心感
  • 入院費用よりも圧倒的に費用がかからない

①健康を促進

酸素室はペットの健康を促進する効果が期待できます。高濃度の酸素環境は、呼吸器系の疾患や回復期のペットに特に有効です。

酸素は体内の細胞にエネルギーを供給し、回復を早める助けとなります。

期待できる効果
  • 呼吸が楽になる
  • 健康状態の改善が期待できる
  • 免疫力を高める

また、慢性的な疾患を持つペットにとっても、日常的な健康管理ツールとして役立ちます。

②入院よりもストレスを軽減できる

ペット酸素室による在宅看護は、ペットのストレスを軽減する効果もあります。

動物病院に入院させることは安心な反面、ペットに大きなストレスと寂しさを与えてしまいます。自宅で飼い主さんと一緒に落ち着いて過ごせること、それがペット酸素室の最大のメリットと言えるでしょう。

静かで落ち着いた環境は、ペットのリラックスに役立ち、ストレスによる健康問題を予防することができます。特に、都市部で騒音や汚染にさらされがちなペットにとって、酸素室は安心できる避難所のような存在になるでしょう。

③緊急時の安心感

ペット酸素室は緊急時にも大きな安心感を与えてくれます。急な呼吸困難や健康問題が発生した際、ペット酸素室が手元にあれば一時的な救急措置として役立ちますよ。

もちろん、酸素室はあくまで補助的な役割なので、緊急時には速やかに獣医師の診察を受けることが最優先です。

移動用の酸素濃縮器の用意があれば、ペットの救命を行いながら速やかに病院に向かうことも可能になります。

④入院するよりも圧倒的に費用が安い

ペット酸素室の使用は、入院治療に比べて圧倒的に費用が安いという大きなメリットがあります。入院には日々の宿泊費や看護費、さらには治療に関連する様々な費用が発生しますが、酸素室を自宅で使用する場合、これらの費用が大幅に削減されます。

一般的な入院費用と酸素室のレンタル費用を比較しました。

入院・1回当たりペット酸素室・月額費用
7万~10万円1万~3万円
各社HP参照

一回の入院に約7万~10万円程度かかります。呼吸器に疾患を抱えているペットならば、定期的に入院が必要になるケースもあるでしょう。

自宅で酸素室を使用することにより、これらの経済的負担を大幅に軽減することができます。自宅でのケアは、ペットにとってもストレスが少なく、飼い主にとっても経済的にも精神的にも負担が少ない方のが大きなメリットと言えるでしょう。

ペット酸素室の基本知識

ペット酸素室に関する基本的な知識を解説していきますよ。

  • ペット酸素室の概要
  • ペット酸素室の主な役割
  • ペット酸素室の種類

①ペット酸素室の概要

ペット酸素室とは、高濃度の酸素を供給する特殊な環境を提供する装置です。

これは、ペットの健康維持や病気の治療をサポートするために設計されています。酸素室は、様々なサイズや形状で提供され、ペットの種類やサイズに応じてペットに合うものを選ぶことができます。

②ペット酸素室の主な役割

酸素室の主な役割は、ペットの健康をサポートし、病気の治療を助けることです。特に呼吸器系の疾患を持つペットや、手術後の回復期にあるペットにとって、酸素室は回復を促進する重要なツールとなります。シニアのペットや慢性的な健康問題を抱えるペットの日常的なケアにも役立ちます。

ペットが酸素室を利用すると、次のような効果が期待できます。

得られる効果
  • 呼吸を楽にする
  • 免疫力を高める
  • ストレスを軽減する

呼吸器疾患があるペットはもちろん、最近元気がないペットも酸素室を利用することで、イキイキと過ごせるようになります。

ペット酸素室を選ぶ時のポイント

ペット酸素室を選ぶ際の重要なポイントを解説します。

  • サイズと機能で選ぶ
  • メーカーの信頼性で選ぶ
  • 獣医師のアドバイス

①サイズと機能で選ぶ

ペット酸素室を選ぶ時に、重要なのはペットのサイズに合ったものを選ぶことです。小型犬や猫用の小さな酸素室から、大きなものまでサイズは様々です。

お気に入りのタオルや毛布、トイレなどを入れるなら、そのスペースも考慮して選ぶ必要があるでしょう。

酸素濃度の調整機能や温度管理機能など、ペットの健康状態に応じて必要な機能を備えた酸素室を選んでください。ペットに必要な機能が分からないなら、かかりつけ医に相談するのがおすすめですよ。

②メーカーの信頼性で選ぶ

ペット酸素室を選ぶ際には、安全性と信頼性の高いメーカーを選ぶことも重要です。長年にわたり酸素室を製造しているメーカーや、獣医師や専門家から推奨されているブランドを選ぶと安心です。

万が一の故の際にすぐに相談できる体制が整っているかも重要なポイントですよ。

信頼性の高いペット酸素室メーカーで徹底比較した記事を見る

③価格で選ぶ

ペット酸素室は安価なものではないので、予算に応じて選ぶことも大切です。ただし、安価なモデルを選ぶ場合でも、必要最低限の機能と安全性は確保されていることを確認してくださいね。

価格で選ぶなら、当サイトのイチオシは2社!

★O2チャージ

レンタル料金が安く、いまなら5万円相当の専用ケージが無料でもらえます。

人用の酸素室関連商品も多く展開している酸素一筋のメーカーなので安全性も申し分なしです。

森泉さんが愛犬に使用していることで話題となりました。

O2チャージの口コミをまとめた記事を読む
O2チャージの公式サイトを見る

★ユニコム

ユニコムもO2チャージと同様に、ペット酸素室だけでなく人間用の酸素関連商品も多く取り扱っている酸素一筋のメーカーです。

ユニコムの特徴は酸素室の購入ができる点です。初期費用は必要ですが月額料金がかからないので長期的な目で見ると酸素室を購入する方が費用を押さえられます

1年以上継続して酸素室を使用したいと思っているなら、ユニコムの酸素室を購入するのがおすすめです。

ユニコムの口コミをまとめた記事を読む
ユニコムのオンラインショップを見る

実際の利用者の声

ペット酸素室を実際に使用している飼い主たちの体験談を紹介します。

まとめ|ペット酸素室を正しく使って健康を守ろう

ペット酸素室は、愛するペットの健康をサポートするための重要なツールです。デメリットをしっかり理解すれば、メリットを最大限に活用できます。

基本知識を身につけ、適切な酸素室を選ぶことで、ペットの健康と快適な生活を守りましょう。

ペット酸素室の詳しいレンタル費用や性能などが知りたい方はこちらの記事を合わせて読んでみてくださいね。

ペット酸素室の主要メーカー5社を徹底比較した記事を読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました

Fatal error: Uncaught JSMin_UnterminatedRegExpException: JSMin: Unterminated RegExp at byte 8550: /^.*\<script data-cfasync="false" data-wpfc-render="false" id='monsterinsights-frontend-script-js-extra'>var monsterinsights_frontend={"js_events_tracking":"true","download_extensions":"doc,pdf,ppt,zip,xls,docx,pptx,xlsx","inbound_paths":"[{\"path\":\"\\\/go\\\/\",\"label\":\"affiliate\"},{\"path\":\"\\\/recommend\\\/\",\"label\":\"affiliate\"}]","home_url":"https:\/\/mama-no-oshigoto.com","hash_tracking":"false","v4_id":"G-YDNEDD15WE"} in /home/c8193787/public_html/mama-no-oshigoto.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php:266 Stack trace: #0 /home/c8193787/public_html/mama-no-oshigoto.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(152): JSMin->action() #1 /home/c8193787/public_html/mama-no-oshigoto.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(86): JSMin->min() #2 /home/c8193787/public_html/mama-no-oshigoto.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/ao-minify-html.php(257): JSMin::minify() #3 [internal function]: AO_Minify_HTML->_removeScriptCB() #4 /home/c8193787/public_html/mama-no-oshigoto.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/ao-minify-html.php(105): preg_replace_callback() #5 /home/c8193787/public_html/mama-no-oshigoto.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/ao-minify-html.php(47): AO_Minify_HTML->process() #6 /home/c8193787/public_html/mama-no-oshigoto.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeHTML.php(105): AO_Minify_HTML::minify() #7 /home/c8193787/public_html/mama-no-oshigoto.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeMain.php(592): autoptimizeHTML->minify() #8 [internal function]: autoptimizeMain->end_buffering() #9 /home/c8193787/public_html/mama-no-oshigoto.com/wp-includes/functions.php(5420): ob_end_flush() #10 /home/c8193787/public_html/mama-no-oshigoto.com/wp-includes/class-wp-hook.php(324): wp_ob_end_flush_all() #11 /home/c8193787/public_html/mama-no-oshigoto.com/wp-includes/class-wp-hook.php(348): WP_Hook->apply_filters() #12 /home/c8193787/public_html/mama-no-oshigoto.com/wp-includes/plugin.php(517): WP_Hook->do_action() #13 /home/c8193787/public_html/mama-no-oshigoto.com/wp-includes/load.php(1270): do_action() #14 [internal function]: shutdown_action_hook() #15 {main} thrown in /home/c8193787/public_html/mama-no-oshigoto.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php on line 266